フォト

本の作成

  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon Link

  • Amazon

楽天

  • 楽天モーションウィジェット

google ads

Sponcerd Link

  • Sponcerd Link

Hayley Westenra

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

温泉ベストモバイル

  • 温泉ベスト
    温泉のベストです。
  • 一度は、行ってみたい温泉旅館
無料ブログはココログ

カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の記事

2017/10/19

覚えていた名前

 小学校4年のころ、家の近くに飯場兼資材置き場があった。
 ある日Kという転校生が来た。そこの子だった。

 Kは、転校が多かったからなのか、あまり友達ができないタイプだったからなのか、いつもひとりだったが、俺の家と、彼の住む飯場が、目と鼻の先だったので、俺とKは、友達になり、俺ははいったことのない飯場の中に何度も入れてもらって意味もなく有頂天だったし、Kも俺の家にきて一緒に遊んだ。
 
 Kは、ほんの数か月で転校していって、俺もKのことを忘れ、飯場はなくなり、歳月はながれ、バブルがやってきてそこはマンションになっていた。

 最近、家の近所にヤクザそのまんまのベンツが止まっていて、その前を通ると中からヤクザそのまんまの男がでてきた。
 
 こっちを凝視するその男に俺は警戒し、子供の手を握った。
 その男は礼儀正しく俺に話しかけてきた。

 「あそこに25年前にあった飯場をご存知ですか。」
 
 俺は、その男を土地の権利関係のブローカーだと思ったが、関係ないから

 「覚えていますよ」と答えた。

 「○○さん、ですか。」

 「そうです。」

 「あそこに25年前にすんでいて一時期○○小学校にいた子を覚えていますか。」

 「Kか!」

 「そうです。」

 名前を憶えていたことが、よっぽど嬉しかったらしくKはその場で嗚咽した。

 この四半世紀どんな人生を送ってきたのかは、推して知るべし。

 家に誘うとKは、固辞した。
 
 「あんたのお母さんはやさしくて上品で映画の中にいるような人でした。」

 「俺は、あんたに遊んでもらったことよりあのお母さんが、忘れられないんです。」

 同級生だった俺との会話にKは、また会いにくるからと名刺を渡してKは去っていった。

 今年、Kから年賀状が来た。

 「お母さんに今度ご挨拶にうかたいたいと思います。」

 と、あったから俺も返事を書いた。

 「うちの母もKのことはよくおぼえているそうです。」

 ちなみにうちのお袋は、せがれの俺に言わせれば、おっそろしいばばあなんだが。

 

20世紀の名言 その1

意気地のない人や、なんとかなるさと思って引っ込んでいるような人が、世の中を
かえたためしはない。
   ダイムラーベンツ元会長

20世紀の名言

最初から目標を高く設定する。
そうなるとまったく新しい方法を編み出すことができる。
     エッカード・ファイヤー(コンパック・コンピュータ元社長兼CEO)

2017/10/16

アイデアを生み出す2つの原理

1 アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外のなにものでもない。

2 新しい組み合わせを作り出す才能は物事の関連性を見つけ出す才能によって高められる。
 ※ 知的生産を効果的に行うには、「非常に忘れっぽい」「覚えるのが、苦手」「記憶があいまい」「思い出したいときに思い出せない」といった「脳の制約」を超えられる素材の置き場が必要。必要な情報を放り込んでおいて、必要な時にいつでも参照できる環境があれば、いままで接してきた、すべての情報を活用しながら、知的生産をすすめていくことが、できる。

2017/10/15

日記をつけることで、人生が思い通りになる。

 日記をつけることで、人生が思い通りになるのだから、これが楽しくないはずがない。
 社会生活を送る以上、人は様々な制約を受ける。
 その制約に優先順位をつけ、自分で管理していかなければ、結局はまわりに管理され、流されるしかなくなってしまう。
 しかし、自分できちんと管理をすれば、どのような環境にあってもその流れに左右されることなく、自分自身の流れを作ることができる。
 つまり、自分の人生の主導権を握ることができるということだ。
 これこそが、本当の意味での「自由」だと思う。
 日記による自己管理で「自由」を手に入れている。
 だから、自己管理は、楽しいのだ。
 ※ 含蓄があります。

ショーシャンクの空に

覚えてるね。希望はいいものだよ、たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない
Remember, Red. Hope is a good thing, maybe the best of things, and no good thing ever dies

ショーシャンクの空に
…………………………


すがすがしい朝です。

稲がだいぶ穂きて来ました。

仏教 説話

 以前、文真堂で見て、気になっていたので買ってみました。

 なんというか、素晴らしい内容です。

 自慢ではありませんが、私が、つねづね心がけていたそのとおりの事が書かれています。

 タイトルのいくつかを拾い出してみます。

 ◎ 怒りが生まれると、喜びを失う。
 ◎ 世の中の破壊の原因は、怒り。
 ◎ 私は正しい、と思うから怒る。
 ◎ 私は間違いだらけだとわかると怒らない。
 ◎ 努力はしても結果は求めない。
 ◎ 怒りが気がつかないうちに体を壊す。
 ◎ 何があってもビクともしない心を作る。
 ◎ 他人に負けたくないというエゴを捨てる。
 ◎ 自分がすべきことを精一杯するだけでよい。

 いちいちごもっとも。
 
 スペック的には、それなりに充実していますが、社会人として模範的な生き方をしていない私は、強い怒りのエネルギーをもろに受けることがよくあります。それでも、いままで、なんとか凌いでこられているのは、いま流行りの言葉でいうところの「逆ギレ」をしないからだと思っています。

 ムッとすることがないわけではありませんが、そこは、我慢。

 「何があってもビクともしない心」。いいですね。

 痛いところをつかれて、さわさわと動揺する心。でも、微動だにしない。

 今後、ますます精進をして、この境地を目指します。
 

2017/10/14

フローマインド  辻秀一

1 外側の出来事に関係なく、自分の心の状態にフロー化を起こすための3つのツールが、表情、態度、言葉。表情次第、態度次第、言葉次第で自分の心の状態に変化を作り出すことができる。

2 脳が働いて心を整え、心を整えてフローになるからこそ、あらゆるパフォーマンスが、よくなって結果を作り出せる。これが心エントリーな生き方。

3 いつでもどこでもその言葉をいえば、自分の心にフロー化が起こる。そういう言葉を「フローワード」という。マイフローワードを10個くらいもっておくとよい。

4 マイフローワードを書いて折に触れてみる。2時間おきに笑顔を作る。地道なトレーニングを通じて、体感が起こるのです。

5 あり方の「たい」を追究することは、自分を見つめること。まずは、穏やかでありたいとか、素直でありたい、という小さなありかたの「たい」からはじめてみるとよい。

6 揺らいでとらわれているより、「揺らがず、とらわれず」のフローでいるほうが、パフォーマンスは、よくなります。
毎日起こる外部の出来事、環境、経験に揺らいだりとらわてたりすることなく、「揺らがず、とらわれず」でいるためには、まずは、「今日は、一日笑顔でいる。」などできることから初めてみよう。

7 感情に気づくには、練習する必要がある。一つは、自分が感じたことを記録する「感情のリスト表」を作成する方法。もう一つは、朝8時くらいには、ハッピーな気分、9時くらいには、わくわくしている気分、10時くらいになると、イライラした気分というように時間ごとに感情を記録していく方法がある。

8 人間はあきらめると楽になる。がんばっているのに結果が出せずにいるときは、認知の脳はこれ以上やっても無理だと気づくので「あきらめると楽ちんになる」とささやく。


2017/10/13

あの月が満ちるとき君はやってくる


2017/10/11

あの月が満ちるとき君はやってくる

より以前の記事一覧