フォト

本の作成

  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon Link

  • Amazon

楽天

  • 楽天モーションウィジェット

google ads

Sponcerd Link

  • Sponcerd Link

Hayley Westenra

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

温泉ベストモバイル

  • 温泉ベスト
    温泉のベストです。
  • 一度は、行ってみたい温泉旅館
無料ブログはココログ

カテゴリー「今日の言葉」の記事

2015/08/19

東男に京女(あずまおとこにきょうおんな)

※ リンクは、こちら。
に、辟易している向きもあろうかと思います。

ところが、どうしたことか、ソネットで作っているブログ「トレンド情報研究室」が、Googleで、なんとトップに。

画像は、これ。 またまた、写真が、曲がってますが、ご容赦 (^^)/

Img_0845_1

yahooは、不具合があり、圏外に飛ばされています。

まあ、そんなこんなで、めでたいことです。

さて、表記の東男に京女、ですが、意味するところは、

男を選ぶなら江戸の男。女を選ぶなら京の女ということで、良い取り合わせだ、という時に使う。
元気が良くて粋な江戸っ子には、優しくて美しい京の女が似合う、ということだ。

これに類する言葉は、各地にある。

越前男に加賀女

南部男に津軽女

京女に奈良男

京男に伊勢女

越後女に上州男→私のおじいさんとおばあさんは、この組み合わせ。おばあさんは三条市の生まれでした。

筑前女に筑後男

竜野女に姫路男

ということで、今日の言葉でした。(^^)/

2014/12/30

ユーミンの逆説の10ヶ条が素晴らしすぎる


 尾見良蔵さんというFaceBook版ユーミンファンクラブのメンバーが、ホテルオークラで行われたReal Christmas Showに参加しました。どうやらユーミンがこの10ヶ条を実際に読み上げたようです。

 原文そのまま引用します。
---------------------------------------------------
 Real Christmas Show中、ユーミンが読んで紹介した逆説の10ヶ条ですが、こころに突き刺さりました。
 くじけそうになったとき、思い出して、また頑張りたいと思います。


1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。

2 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

3 成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

4 今日の善行は、明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

5 正直で素直なあり方は、あなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6 最大の考えをもった最も大きな男女は、最小のこころをもった小さな男女によってうちおとされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7 人は弱者をひいきには、するが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。


8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。


9 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手をさしのべると、攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

10 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちをうけるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

2014/09/26

希望




覚えてるね。希望はいいものだよ、たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない
Remember, Red. Hope is a good thing, maybe the best of things, and no good thing ever dies

ショーシャンクの空に
…………………………


すがすがしい朝です。

稲がだいぶ穂きて来ました。



2013/12/04

「人間到る処青山有り」

「人間」は、人の住む所、世の中。「人(ひと)」と区別するために、
「じんかん」とも読む。

【意味】(人間どこで死んでも骨を埋めるぐらいの、青々とした山はあるの意から)志を天下に求め、どこで死んでもいいつもりで、大いに活躍することをいいます。


【出典】幕末の詩僧・釈月性(しゃくげっしょう)の「将東遊題壁(まさにとうゆうせんとしてへきにだいす)」という漢詩。

男児志を立てて郷関を出(い)ず、学若(も)し成る無くんば復(また)還(かえ)らず。
骨を埋むること何ぞ墳墓(ふんぼ)の地を期せん、人間到る処青山有り。

iPhoneから送信✳︎

 ずっと、この「人間到る処青山有り」が、気になっていました。

 フーテンの寅さんのように、少し放浪癖があるので、我が意を得たり、って感じなんです。

2012/09/10

ニーチェの言葉 「高まるために捨てる」

 人生はそれほど長いものではない。

 夕方に死が訪れても何の不思議もない。

 だから、私たちが何かをするチャンスは、いつも今この瞬間にしかないのだ。

 そして、その限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり何かをきっぱりと捨てなくてはならない。

 しかし、何を捨てようかと悩んだりする必要はない。

 懸命に行動しているうちに、不必要なものは、自然と自分から離れていくからだ。

 あたかも、黄色くなった葉が樹木から離れ去るかのようにだ。

 そうして私たちはさらに身軽になり、目指す高みへとますます近づいていくことになるのだ。

※ ニーチェの言葉は、深いです。

 しがらみ、と言う言葉がありますが、ニーチェによれば、いつのまにか離れていくようです。

 高みを目指すたましい(soul)についてこれなくなるのでしょうか。


たましい[魂]
①[霊魂]
soul
(肉体に対し)魂, 霊魂; 霊《◆ spirit よりも宗教的意味あいが強い》
人間の魂は不滅であると言われている A man's soul is said to be immortal.
spirit
霊, 霊魂
彼は単なる魂のぬけ殼のようになってしまった He became a mere shell of a man.

 
 

2012/09/06

ニーチェの言葉  力を入れすぎない

 自分の力の四分の三ほどの力で、作品なり仕事なりを完成させるくらいがちょうどいいものが出来上がる。

 全力量を用い精魂を傾けて仕上げたものは、なんとも重苦しい印象があり、緊張を強いるものだからだ。

 それは一種の不快さと濁った興奮を与えることをまぬかれない。

 しかも、それに携わった人間の臭みというものがどこかについてまわる。

 しかし、四分の三程度の力で仕上げたものは、どこかおおらかな余裕といったもの感じさせる。

 それは一種の安心とすこやかさを与える快適な印象を与える作品だ。

 つまり、多くの人に受け入れられやすいものが出来上がるのだ。

  「人間的な、あまりにも人間的な」

2012/06/25

涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない

W杯予選の興奮冷めやらぬ、16日、Jリーグで史上2人目となる快挙が達成された。元日本代表で、ベガルタ仙台のFW柳沢敦(35)がJ1で15年連続となる得点を決めたのだ。

これはキング・カズこと三浦知良(45、横浜FC)も成し遂げておらず、中山雅史 (44、コンサドーレ札幌)に並ぶ大記録である。

歴史に名を刻む選手にもかかわらず、柳沢の世間のイメージは決して良いとは言えない。

柳沢と言えば、「シュートを打たないフォワード」「ペナルティエリア内でパスを出すフォワード」 というマイナスな単語が浮かぶはずだ。

06年ドイツW杯のクロアチア戦では、先制の絶好機を外し、試合後のコメントで「急にボールが 来たから」と発言。それにちなんだ“QBK”という呼称を付けられ、予選敗退の戦犯と して大バッシングを浴びた。

柳沢が評価されないのは、時代の流れと逆行したスタイルを貫き通したからだと思う。 彼が生まれ育った昭和50年代、日本は縁の下の力持ちが評価される時代だった。

“柳沢世代” とも言える昭和52(1977)年生まれは、昭和59年度~平成元年度に小学校の6年間を 過ごしている。彼らを指導した教師は、戦争前後に生まれ、高度成長期を駆け抜けている。 「みんなは一人のために、一人はみんなのために」というチームワークで、日本は猛烈な スピードで復興を遂げ、「ジャパン・アズ・NO.1」と呼ばれるまでに成長した。

だが、77年生まれが社会人になると(ストレートで大卒なら2000年入社)、01年の小泉純一郎 首相就任も契機となり、突如として「成果主義」が叫ばれ始める。チーム単位で動く重要性よりも、 個人で目に見える成果を上げる人間を評価するようになった。

学校で教えられてきた価値観と、社会に出てからの価値観が180度転換したのだ。 このギャップに苦しんだ77年生まれは少なくないはずだ。「成果主義」の導入は、「縁の下の 力持ち」を評価しない世の中にしてしまった。

FW柳沢敦は、77年生まれの象徴だといえよう。 彼はシャドーストライカーと呼ばれ、FWにもかかわらず、自分が点を取るよりも味方に点を取らせる 役割を担うことが多い「縁の下の力持ち」である。

それが、点を取るという「分かりやすさ」しか目に入らない世間には、物足りなく映った。だが、 どのチームにおいても、ストライカーと呼ばれるFWは1人で、もう1人のFWはストライカーに スペースを空けたり、みずからはつなぎ役に徹したりするものだ。

だからこそ、トルシエやジーコといった歴代の代表監督は「点が取れないのに」柳沢を常に召集し、 重用してきた。サッカー監督という“プロ”が評価するのに、ただ盛り上がりたいがために代表の 試合を観るだけの“大多数の素人”はまるで評価しない。

そして、日本独特の“数の論理”と “マスコミの見出し力”によって、柳沢は“ダメフォワード”の称号を与えられてしまった。 まったくもっておかしな話である。

サッカーの目的は勝つことだ。なのに、勝つために最善の動きを 尽くした「縁の下の力持ち」を評価せず、バカにする。

これはサラリーマンにも置きかえられる話だ。 あるプロジェクトで、自分は成功するために縁の下の力持ちとして働きまくった。しかし、最終的に 何の評価もされず、ボス格の1人だけが優遇され、給料も昇格したら、あなたはどう思うだろうか。

そう、柳沢敦を批判することは、自分の頬を自分で殴っているようなものなのだ。

柳沢に心ない 罵声を浴びせたことのある人は、我に返り一発、自分のことを思いっきりビンタしてみてほしい。

その痛さ×1億=柳沢の心の傷 なのである。 どんなに批判されても、柳沢は自分のスタイルを貫き通してきた。今からでも遅くない。 我々は、柳沢敦をもっと評価すべきなのである。

(岡野 誠)


※ 知りませんでした。縁の下の力持ち、久しぶりに聞いた言葉ですが、そういうことも大事ですね。
 自分さえ良ければ、という考え方は、薄っぺらで、深みがない。

 涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない
         ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

 そんな言葉を思い出しました。

2011/12/08

○桃李言わざれども下自ずから蹊を成す

○桃李言わざれども下自ずから蹊を成す(とうりいわざれどもしたおのずからみちをなす)

[史記[李将軍伝、賛]]桃李は何も言わないが、美しい花や実があるから人が集まり、下には自然に道ができる。徳ある者は自ら求めなくても、世人はその徳を慕って自然に集まり従うというたとえ。

※ 徳も重要ですが、それだけでは厳しい。得もないと。
会計事務所としては、十分なサービスを提供するということかな。

2011/12/07

忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)

1323258234495.jpg

○忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)
→どんなに忙しくても、わずかな時間の余裕はあるものだということ。

 ということで、事務所から二十分くらいのショートコースに練習に。

 メンバーは、なおちゃん。
 
 そしてなんとクラブを握るのは、十年ぶりという事務所の境主任。

 その前にソバでもガッツリ食ってと、大盛を注文。

 そしたらシッカリ大盛。

 食べ応えありました。
 
 その十年ぶりの境主任ですが、なんと、バーディを2つ取りました。

 スウィングもしっかりしているので、ちょっと練習すれば、普通に回れるでしょう。


1323258244503.jpg

2011/09/05

S子は僕が一生誰よりも幸せにしますので、安心してください。

 最後のあいさつでの新郎の言葉。

 今回の結婚式で、これに優る言葉はない。

 新婦の両親は既に他界しており、新郎も母を2年前に失っている。

 欠けたところを、おじいさん、おじさん、おばさん達、多くの人が助けてくれた。

 新郎は、ひとりひとり名前を挙げ、感謝の言葉をのべ、そして、最後にこう言った。

 参列したすべての人の心に響いた一言だった。

 とはいえ、終わったわけではなく、いま、はじまったばかり。

 いさかいや、勘違いもこれから、起こるかもしれない。

 でも、この言葉に込めた気持ちを忘れさえしなければ何があっても大丈夫。

 ひだまりの縁側でなかよくお茶をすする夫婦になってください。

 改めて、おめでとう!!

 

より以前の記事一覧