フォト

本の作成

  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
  • 小林秀一: あの月が満ちるとき君はやってくる
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon Link

  • Amazon

楽天

  • 楽天モーションウィジェット

google ads

Sponcerd Link

  • Sponcerd Link

Hayley Westenra

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

温泉ベストモバイル

  • 温泉ベスト
    温泉のベストです。
  • 一度は、行ってみたい温泉旅館
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の2件の投稿

2017/04/20

ゆでたまご

 小学校四年の時、クラスに片足の悪い子がいました。
 
 名前をIと言いました。

 Iは足だけでなく片目も不自由でした。

 背もとびぬけて低く、勉強もビリでした。

 ゆとりのない暮らし向きとみえて、襟(えり)が垢でピカピカ光った、おさがりらしい背丈の合わないセーラー服を着ていました。

 性格もひねくれていて、かわいそうだとは思いながらも、担任の先生も、私たちもついIを疎んじていたところがありました。

 たしか、秋の遠足だったと思います。

 リュックサックと水筒を背負い、朝早く校庭に集まったのですが、級長をしていた私のそばにIの母親が来ました。

 子供のように背が低く、割烹着の下から、大きな風呂敷包みを出すと、

 「これみんなで」

 と、小声で繰り返しながら、私に押し付けるのです。

 古新聞に包んだ中身は、大量のゆでたまごでした。

 ぽかぽかと温かい持ち重りのする風呂敷包みをもって遠足に行くきまりの悪さを考えて、私は一瞬ひるみましたが、頭を下げているIの母親の姿にいやとは言えませんでした。

 歩き出した列の先頭に、大きく肩を波打たせて必死についていくIの姿がありました。

 Iの母親は校門のところで見送る父兄たちから、一人離れて見送っていました。

 私は「愛」という字を見ていると、なぜかこの時の鼠色の汚れた風呂敷とぽかぽかと温かいゆでたまごのぬく味と、いつまでも、見送っていた母親の姿を思い出してしまうのです。

 Iには、もうひとつ思い出があります。
 
 運動会の時でした。

 Iは徒競走に出てもいつもとびきりのビリでした。

 その時ももう他の子どもたちがゴールに入っているのに、ひとりだけ残って走っていました。

 走るというよりも片足をひきずってよろけているといったほうが、適切かもしれません。

 Iが走るのをやめようとしたとき、女の先生がとびだしました。

 名前は忘れてしまいましたが、かなり年輩の先生でした。

 小言の多い気難しい先生で、担任でもないのに掃除の仕方が悪いと文句を言ったりするので、学校で一番人気のない先生でした。

 その先生がIと一緒に走り出したのです。
 
 先生は、ゆっくりと走って一緒にゴールに入り、Iを抱きかかえるようにして、校長先生のいる天幕に進みました。
 
 ゴールに入った生徒は、ここで校長先生から鉛筆を一本もらうのです。
 
 校長先生は立ち上がると体をかがめてIに鉛筆を手渡しました。
 
 「愛」という字の連想には、この光景も浮かんできます。
 
 今から、40年も前のことです。

 テレビも週刊誌もなく、子供は「愛」という抽象的な単語には、無縁の時代でした。

 私にとって、愛は、ぬくもりです。
 
 小さな勇気であり、やむにやまれぬ自然の衝動です。

 「神は細部に宿りたもう」という言葉があると聞きましたが、私にとって愛のイメージは、この通り「小さな部分」なのです。


 

2017/04/02

ネガティヴ思考についてお伝えします。


===================

前回に引き続き、ネガティヴ思考についてお伝えします。


そもそも、人は、なぜ考えたくないことを考えてしまうのでしょうか?

なぜ心身を疲れさせるネガティブな感情を持ち続けるのでしょうか?


今日は、そのヒントとなるような考え方を紹介します。


私たちの心には、強い刺激(煩悩)に引寄せられる性質があります。


たとえ、それが、
「怒り」「失意」「嫉妬」などの
心と身体を疲れさせる感情であっても、

まるで新型ダイソンサイクロン掃除機に、
一瞬で、吸い寄せられるホコリのように、
す~っと、心は引寄せられていきます。


なにやら、ネガティブな感情が好きな病原菌がいるみたいに。


エックハルトトールは、
これを「ペインボディ」とよんでます。


「マインドフルネス」とも、
とても相性がいい考え方なのでご紹介しますね。


ーーーー 引用スタート ーーーー


人間には古い記憶を
長々とひきずる傾向があるから、
ほとんどの人はエネルギーの場に
古い感情的な苦痛の集積を抱えている。

私はこれを「ペインボディ」と呼んでいる。

エックハルト・トール著
『ニュー・アース』より


ーーーー 引用終わり ーーーー

彼は、

「ペインボディ」とは、
過去の経験、記憶からくる、
古い感情的な苦痛の集積のことで、

「ペインボディ」は、
暗闇(=無意識)に生息しており、
人のエネルギーを食らう吸血鬼のようなものだ。

と表現しています。


つまり、

「ペインボディ」は、
「恐怖」や「不安」、「悲しみ」、「怒り」といった
ネガティブな感情を食べる「吸血鬼」のようなエネルギー体です。

例えば、

誰かのちょっとした態度や一言で、
過剰に反応してしまったことってありませんか?


そして、そのことばかり、
ずっと考えすぎてしまうことってありませんか?

「なんなのよ!あの態度は、ありえない!」

「今度会ったらこう言い返してやろう!」

と、考えて続け、
「怒り」や「イライラ」を、
繰り返し再生しちゃうことってありませんか?


または、自分を傷つけたくなったり、
わざわざ怖いニュースを調べたり、
痛い、怖い映像を見たりしたことはありませんか?


それが「ペインボディ」が
活発になっているときのサインです。

「もう考えたくない」

「気持ちを切り替えればいい」

と頭では分かっていても、
ついつい「悲しみ」や「怒り」などの
激しい感情を、繰り返し反芻してしまうネガティブな癖。


既に終わったことなのに、
わざわざ何度も考えて、脳内で追体験し、


ビ リ ビ リ ! ! ! !

と、電気ショックのような刺激を感じているマゾな自分。


そんな自分に気づいたら、

「ペインボディ」が、餌である
「恐怖」や「不安」、「悲しみ」、「怒り」といった
ネガティブな感情を体験する「きっかけ」を探っている。

と、考えてみてください。


またニューアースの中でこんな話があります。


若い娘にであった、二人の禅僧の物語です。
「手放す」ということについて教えてくれる話です、


ーーーー 引用スタート ーーーー

人間がいかに過去を手放せないか、
あるいは手放す気がないかを見事に示した禅僧の逸話がある。


担山という禅僧が、友人の僧と一緒に
豪雨の後でひどくぬかるんだ田舎道を歩いていた。

村の近くまで来ると、
道を渡ろうとしていた若い娘に出会ったが、
水たまりが深くて着ている着物が汚れそうだった。


担山はすぐに娘を抱き上げて水たまりを渡してやった。


そのあと二人の僧は黙々と歩き続けた。


五時間ほどして、
その夜の宿になる寺が見えてきたとき、
友人がとうとう黙っていられなくなって口を切った。


「あなたはどうしてあの娘を抱き上げて、道を渡してやったのか?」


彼はそういった。


「僧というものは、ああいうことをすべきではないと思うが」


「私はもうとっくに娘を下ろしたのに」

と担山は答えた。


「きみはまだ、抱いていたのかね?」


この友人のように暮らし、状況を手放せず、
また手放す意思をもたずに、心の中にどんどん溜め込み積み重ねていたら、
どんな人生になるか想像していただきたい。


それがおおかたの人々の人生なのだ。

ーーーー 引用終わり ーーーー


友人の禅僧は、五時間もの間、
そのことをずっと頭の中で考えており、
その感情をずっと反芻していたのかもしれません。


だから、五時間もたったのに、

「僧というものは、ああいうことをすべきではない!」

と言ったわけです。


一方で、担山は、
すぐに過去を「手放し」ていました。


だから、


「私はもうとっくに娘を下ろしたのに」

「きみはまだ、抱いていたのかね?」

と返しました。
とても奥深い話ですね。


このように、
心のなかに溜め込んでいる過去、こだわり、許せないこと、
これらが大きければ大きいほど、人生の重荷が増えていきます。

いつのまにか人間関係も重苦しいものになっていきます。

ではどのように対処したらいいのか?


それは「気づき」です。


唯一、「気づき」によってのみ、
「ペインボディ」は小さくなります。

暗闇(=無意識)に生息する「ペインボディ」は、
(意識の)光を当てられるのが苦手なのです。


意識の光を強くすことで小さくなり、消えていきます。

無意識の「不満」や「後悔」、「敵意」や「罪悪感」
それに気づいたら手放しましょう。


マインドフルネスとは、
常に手放し続ける練習です。


ぎゅっと握りしめていたら、手放し、

ぎゅっと握りしめていたら、手放し、

ぎゅっと握りしめていたら、手放し、

ぎゅっと握りしめていたら、手放し、

そうやって、常時解放して執着を手放すトレーニングです。

ぎゅっと握りしめていると、
だんだん、麻痺してきて、手が痛くなってきます。
そして、その握りしめているモノと自分が一体化します。


つまり、その思考や感情が自分だと思えてくるのです。


仮にもしも、私たちの本質が、
その「思考」や「感情」といった「心の働き」ならば、
それらを「手放す」ことは不可能です。


でも、あなたの本質は、気づいている意識であって、
「思考」や「感情」ではない。

だから、「手放す」ことができるのです。

もしも、あなたが、
考えたくないことばかり考えてしまうのなら、

その発作的な、怒り、悲しみの波は、
実はあなた自身からくるものではなく、
「ペインボディ」があなたを乗っとろうとしている。

と、考えてみてくださいね。


ネガティブな感情ばかり再生してしまうとき、
「自分」を責めるのではなく、


「また自分の中の「ペインボディ」が活性化しているな」

と捉えて対象化してみてください。

そして、今この瞬間に意識を向けて、
意識の光(=気づき)を強化していきましょう。


怒りに反応的になるのでもなく、
悲しみの波に飲み込まれるのでもなく、
明晰な意識(気づき、自覚意識、アウェアネス)で、
あるがまま観察していくのです。


反応せず、否定もせず、
適度な距離感をもって観察し続けることで、
その感情も消化されていきます。

そして、その裏にある過去に条件付けされたパターン
(カルマ、信念)が徐々に変化していきます。


このような「考え方」を知ることで、
あなたのアウェアネスが高まったらいいなぁ
と思ったのでシェアしました。

ps.

本日、ご紹介した本
エックハルト・トール(著)、吉田利子(翻訳) の

「ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-」

は、「マインドフルネス」や「ヨーガスートラ」に興味がある方にはオススメの本です。
とても深い内容なので、読むたびに、気づきがあります。

またオーディオブックもオススメです。
私は、アイフォンにいれて、移動中や散歩するときに聞いています。

あなたのお役にたてたら幸いです。
ありがとうございました。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »