2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon Link

  • Amazon

楽天

  • 楽天モーションウィジェット

google ads

i

  • Sponcerd Link

Sponcerd Link

  • Sponcerd Link

Hayley Westenra

フォト
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の25件の投稿

2017/01/31

必ずこれを撃滅いたします 東郷平八郎

 東郷は、日本海海戦の前、明治天皇に拝謁し、"露国のバルチック艦隊が、くるというが、見込みはどうか"と問われてこう答えている。

東郷は、「海戦の要諦は、砲弾を敵よりも多く命中させる以外にない。」という基本方針をもち、
戦略も戦術もこの一点に集中させた。

 一方で、「弾というものは、容易にあたるものではない。」

 とも考えていたため、射撃訓練に最も力を注いだ。

 一番、大切なことは、命中させるということ。

 東郷はそう見抜き、射撃訓練を徹底的に行い、艦隊の中の腕の良い撃ち手を主力艦の主砲に集中配置した。


 

 「自分は齢をとっているから、老い先から考えてどこでどうなっても知れている。だからここにいる。 みなは塔の中に入れ。」  東郷平八郎


 ※ 東郷は動かなかった。

 艦橋は、いわば露台で、ふきっさらしにある上に、戦闘中は砲弾が飛び交い、

 炸裂した砲弾の破片がそのあたりの人員をなぎたおしてしまう公算が強い。

 そのために司令塔という装置がある。

 司令塔に入ると視野が制限されるとはいえ、しかし、それを囲んでいる分厚い装甲が、

 戦闘中指揮官の生命を守ってくれるはずであった。

 しかし、東郷は、動かず、命令の形でこのように言った。

 東郷はこの戦争中、ほとんど動じることがなかった。

 だが、東郷はこの時も顔色ひとつ変えなかった。
 
 しずかにうなずき、報告者たちに卓上の菓子をすすめたという。

 もちろん、東郷もおおきな衝撃を受けていたはずだ。

 それほど、この事件は、致命的なものであった。

 だが、東郷はそれを表に出すことは、なかった。

 その胸中の悲嘆を押し殺すことによって、全艦隊に敗北心理が起こる危機から見事に脱したのである。

 会社のトップや幹部がうろたえていては組織を束ねることはできない。

 会社の運命にかかわるような問題が発生したときにどれだけ冷静でいられるか、そこでこそトップの度量が、図られる。

本日、天気晴朗なれども浪高し 秋山真之

 天気晴朗には、視界が明るく射撃がしやすい、という意味が込められている。

 浪高しというのは、砲術の命中率が高い日本海軍が、低いロシア海軍より有利であることを意味したとされる。

 波で上下する艦からの砲撃は、大いに技術力で左右されるのだ。

 この日のために、旅順を落とし、艦艇整備を行い、徹底した訓練を続けてきた。
 
 情報を集約し、敵が日本海経由か、太平洋周りでやってくるか、大いに悩み続け、待ちにまったその日がやってきたのだから、気合の高まりは想像を絶するものだったろう。


 

2017/01/30

日々、人生は、あなたにささやかな好機を送ってくれます。

 結局のところ、そういった好機にどう反応するかで、
 あたなの運命は決まるのです。

「天才の公式」を活用する

 集中+日々の向上+時間=天才

 ひとたび、その公式を深く理解すれば、あなたの生活は一変するでしょう。

一貫性。長いあいだなにかを続けるだけで、驚くほど遠くまで行けます。

 ほとんどの人はあきらめるのがはやすぎるのです。

 信念より不安のほうがおおきいのでしょう。

 心の中で正しいと思っている基礎にこだわれば、あなたはきっとうまくやれます。

 では、そういった基礎とは何でしょう。

 ポジティブでいること、生活の中でうまくいっていないことでも自分の役割に責任を負うこと。

 人を厚くもてなすこと。
 
 勤勉に働くこと。

 追随者ではなく、むしろイノベーター(革新者)でいること。

 早起きすること。

 目標を設定すること。
 
 正直に話すこと。

 自制すること

 お金を節約すること。

 健康に留意すること。
 
 家庭を重んじること。


ささやかな一歩をふみだす

 あなたの日々は人生の縮図です。時間をすごすことで年が積み重なります。
 日々をすごすことによって、人生が作り出されます。
 きょうすることが、実際にはあなたの未来を創造しているのです。
 重要でない日など、一日たりともありません。


※ 重みのある言葉です。


2017/01/27

その昔、私が九州にいたときの懐かしい顔ぶれ。

 その昔、私が九州にいたときの懐かしい顔ぶれ。 森さん,変わらないですね。柴田さんもそんなにかわったようにみえない。

2017/01/22

たくさんの誕生日のメッセージ、ありがとうございました。

 今日、1月22日は、私の64歳の誕生日でした。

 たくさんの誕生日のメッセージ、ありがとうございました。

 心機一転、頑張ります。

2017/01/15

日曜劇場 木村拓哉主演 A LIFE ~愛しき人~

 見ました。なかなか見ごたえがあり、面白かったです。

 次が楽しみです。

貧困生活を抜け出すにはこの「心に微量の非情を飼いならす」ことが近道

 努力は嫌いじゃない。責任感も強いほう。笑顔を絶やさず、日々、人の役にも立っている! それなのに、気がついたら「貧困生活」に陥っているぞ!

 そのような経験はありませんか?もしそのような状況に陥ったら「いい人」をやめて少し「自分本位になる」ことをおすすめします。それだけであなたの貧困生活は次第に緩和してゆきます。貧困生活者の正反対、つまり潤沢な収入を得ている人。

彼らの共通点は「心に微量の非情を飼いならしている」という点です。

貧困生活を抜け出すにはこの「心に微量の非情を飼いならす」ことが近道なのです。

自分が“仕切る”ことに罪悪感がなくなる

 「いい人」は自分が元締めや幹事をすることを遠慮します。「自分なんかが…」と思い込んでいます。

ここですこし自分本位になれるかどうかが人生の別れ目。

成功者は皆、自分がリスクを背負い、同時に権限を持ち、責任を持って仕切ります。

元締めになり、利益を分配するのです。

人の力を借り、事を成し、利益を分配する。この一連のアクションに罪悪感を持たないことです。

2017/01/10

 人生の闘いに勝つのは、必ずしも最も強くて、最もすばしっこい人ではない。

 人生の闘いに勝つのは、必ずしも最も強くて、最もすばしっこい人ではない。

 最終的に勝利をおさめるのは”私はできる”と思っている人なのだ。

2017/01/09

山本五十六の名言

山本五十六の名言

「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば,人は動かじ。」には続きがある。

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

2017/01/07

人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】


笑顔が多い人の人生は好転し続ける【人生が好転する気づきの美習慣#3】


2017/01/06

コニカミノルタのカメラ事業撤退


AUTHOR: なうまん
TITLE: コニカミノルタのカメラ事業撤退
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: 0
ALLOW PINGS: 1
CATEGORY: 公認会計士・税理士に関連したこと

DATE: 01/21/2006 10:24:28 PM

◎ 雪が降るとの予報でしたが、群馬県南部は、降りませんでした。気温もさほどでもなくこのまま降雪はなさそうです。


 さて、コニカがカメラ・フォト事業から撤退するとのニュース。


 私が監査法人に入って最初に配属されたクライアントがコニカ(当時はまだ小西六写真工業)でした。


 新宿野村ビルに本社があったので、仕事帰り、先輩によく新宿の居酒屋に連れて行ってもらいました。


 また、コニカの経理部の女性は美人が多く、しかも優秀だったのを覚えています。

 私の一年後輩は、勢い余って小田原工場の経理の女性と結婚してしまいましたが、別れたはなしを聞いていませんので正解だったのでしょう。

 忘れられないのは、フィルムの棚卸です。フィルムは感光してはいけませんので、倉庫の中は、赤外線のほのかな明かりがあるだけで、真っ暗。会社の人は慣れているので、すいすいと数えられますが、どう目をこらしても私には見えないのです。

 本当はわかっていないのに、わかったことにして棚卸明細にチェックマークをつけていたのは私です。

 カメラはコニカ。フィルムは、サクラカラー。複写機はユービックスというブランド名で事業部制をとっていました。

 大がかりな設備投資を毎年やっていて活気がありました。時代の流れですかね。残念です。

うさぎと亀


AUTHOR: なうまん
TITLE: うさぎと亀
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: 0
ALLOW PINGS: 0
CATEGORY: 今日の言葉

DATE: 06/09/2006 10:56:43 PM


 うさぎは足が速いのですぐに亀を追い越す。追い越したから安心して木の下で昼寝。目が覚めると亀は先に。  こりゃいかんとあわててダッシュ。すぐに亀に追いつく。
 亀はもくもくと歩む。

 うさぎは何を見てるかというと亀の存在。亀が気になる。亀に比べるとどうか。それが関心事。
 一方、亀は何をみていたか。

 亀の目にはうさぎは映っていない。というか、うさぎの存在すらしらない。
 じゃあ、いったい亀はなにを見てたのか。

 亀は自分の絶対的目標だけをめざして歩んでいた。
 相対的なうさぎと絶対的な亀。

 亀には競争する意識すらない。

 結果がどうあれ夢を追い続ける人生でありたい。

2017/01/05

はるか向こうに赤城山が見えます。

見沼代用水

緑のヘルシーロード

やって来ました。利根大堰。

新上武大橋を過ぎた当たりかな。

いつもの利根川

2017/01/01

謹賀新年

 新年あげましておめでとうございます。
 本年もよろしくおねがいします。

 今年のテーマはずばり、これです。

 怒らないこと 仏法法話

 私が、つねづね心がけていたそのとおりの事が書かれています。

 ◎ 怒りが生まれると、喜びを失う。
 ◎ 世の中の破壊の原因は、怒り。
 ◎ 私は正しい、と思うから怒る。
 ◎ 私は間違いだらけだとわかると怒らない。
 ◎ 努力はしても結果は求めない。
 ◎ 怒りが気がつかないうちに体を壊す。 
 ◎ 他人に負けたくないというエゴを捨てる。
 ◎ 自分がすべきことを精一杯するだけでよい。

 ◎ 何があってもビクともしない心を作る。

 「何があってもビクともしない心」。いいですね。

 今後、ますます精進をして、この境地を目指します。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »