フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Amazon Link

  • Amazon

楽天

  • 楽天モーションウィジェット

google ads

Sponcerd Link

  • Sponcerd Link

Hayley Westenra

温泉ベストモバイル

  • 温泉ベスト
    温泉のベストです。
  • 一度は、行ってみたい温泉旅館
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の43件の投稿

2012/12/31

東松山ピオニウォーク

東松山ピオニウォーク
家族全員で、大晦日に出かけるのは、初めて。

当初は、子ども自然動物公園の予定でしたが、あいにくと年末年始は、休園のため、ピオニウォークで買い物。

このあと、滑川温泉の予定。

2012/12/28

ついつい買ってしまうロッテ「Rummy」

ついつい買ってしまうロッテ「Rummy」
季節限定。

昔から好きなチョコレート。

仕事納め

仕事納め
慌ただしい一日でした。

この一年は、言われるままに、あっちへフラフラ、こっちにフラフラ。

何をやっていたのか、無我夢中のまま過ぎてしまいました。

来年は、自分自身の判断基準を持って積極性を表に出して行きます。

ただ、流されるだけでは、いいように利用されて終わってしまうことを今年学びました。

残念ながら、反省だけの一年でした。

2012/12/27

高崎中央病院 134-90

高崎中央病院 134-90
高血圧は、だいぶ改善されて来ました。

でも、薬をやめたらまた上がるのだろうか。

誰か知ってる人いますか?

2012/12/26

調味料は、こんなに。

調味料は、こんなに。
牡蠣の醤油と隠し味の柚子胡椒が秘伝の味かな^o^

毎日、食ってる野菜炒め

毎日、食ってる野菜炒め
どんどん味が良くなって来ました。

ダシと水の量がポイント。

2012/12/24

クリスマスの夜

クリスマスの夜
と言うのは、昔は、岡村孝子のコンサートだった。

会場は、東京ベイNKホール。

終わると、ベイシェラトンに移動。

一部屋にひどい時は、15人くらい団体?で泊まった。

高級ホテルは、敷物がフカフカなんで、寒くはない。

今昔物語ですね。

2012/12/23

日曜日は、ゴルフ

日曜日は、ゴルフ
前半は、グダグダと冴えないゴルフでしたが、後半、盛り返しました。

長瀞は、狭いので正確なショットが出来ないとすぐ崩れてしまいます。

今日の収穫は、ドライバーが安定してきたことかな。

2012/12/22

なんと、300万円だそうです

なんと、300万円だそうです
骨董の世界は、わかりませんな。

桃山時代の湯飲み?

そして、主宰者の梅ちゃん

そして、主宰者の梅ちゃん

料理は、鍋。

料理は、鍋。

その三

その三
宝島マスターの服部さん。

骨董のことならおまかせ。

そのニ

そのニ
小林まーちゃん。

38歳。

いい男ですが、彼女がいるらしい^_^

宝島忘年会

宝島忘年会
熊谷の骨董屋「宝島」。

その宝島に集まるメンバーの忘年会。

筋金入りの骨董好きばかり。

佐藤君28歳。

独身だそうです。

お父さんの跡をついで、いま、骨董の修行中。

やはり、奥が深いとのこと。

成長株の好青年です。

2012/12/21

小林浩一くんと孝寿司

小林浩一くんと孝寿司
久しぶりに会って旧交をあたためました。

相変わらず、精力的に頑張ってます。

2012/12/20

懐かしい味がした

懐かしい味がした

久しぶりにラーメン

久しぶりにラーメン
しばらくぶりです。

前橋インター近くの一蘭。

福岡にいた時、よく行きました。

2012/12/19

すき家の牛丼

すき家の牛丼
そんなわけなので、たまには、牛丼でも食うか、と炭水化物摂取。

2013年の運勢

2013年の前半から波乱含みです。

今後の予定をたてる前に今までの膿を出してリセットしてください。

仕事にしても人間関係にしても上手く繋がらない理由を考えて下さい。

反省しながら新しい道を探せば同じ問題に足をとられることはありません。

後半は仕事が落ち着くので出来るだけ早く対処してやり残しがないかチェックしてください。
======================
☆ 毎年、この時期に力石先生に占ってもらいます。

今年は、いままで生きてきた中で、最悪の年でした。

全ては、私のワキの甘さに付け込まれた事が、敗因です。

なんとかなるものか、どうにもならないのか、微妙。

いままで、いつも、ギリギリのところで、クリアーしてきましたが、さすがに、今回ばかりは、自信がありません。

でも、もし本当に守護霊に守られているとすれば、こんな時こそ、待ってました、とばかりに、出てくるはず^_^


iPhoneから送信

2012/12/17

懐かしついでに

2006/09/03
懐かしついでに
見出し :平野からのメール
送信日時:Wed, 17 Jul 2002 23:09:19 +0900
差出人 :mgh00027@nifty.ne.jp
宛先   :なうまんクラブ <ide@ml.melma.com>
 いまさら、言うまでもないが、なうまんクラブ《注》1のメンバーは、私が平成3年から8年までの5年間を九州で暮らしていたことを知っている。 
 当時私は、太田昭和監査法人九州事務所に勤務して東陶機器や月星化成、安川電機、MrMax等の監査に従事していた。 
 この時に、私がとくに目をかけ、自分で言うのもなんだが父親代わり(彼女は高校1年の夏に父を失っていた)として応援していた監査アシスタントがいた。 
 彼女が結婚することを知り、式場であるサンルート中津(大分県)にお祝いの言葉をメールで送ったのは、今年の3月20日、式当日の午前中のことであった。 
  
 本人から頼まれたわけでなく、勝手に送った祝辞であったため、かえって迷惑だったかな、とか、ホテルの人が不審に思いボツにされたかな、等々思い悩みつつ、その後本人から何のレスポンスもないことに、少し後悔の気持ちを持ちながら過ごしていた。 
  
 というようなことすら、忘れていた今日、彼女からメールが来た。 
  
----【平野からのメール】---- 
  
 いかがお過ごしですか。お礼のメールを出してなかったと何度か思い出しながら、気づけば32回目の誕生日も過ぎてしまいました。 
  
 結婚して、早や4ヶ月が過ぎようとしています。最初はなかなか自分のペースをつかめませんでしたが、最近は主婦業も馴染んできて、規則正しい生活を毎日繰り返しています。 
  
(中略) 
  
 披露宴では、思いもかけず祝辞を寄せて頂いてありがとうございました。 
 出席者が少数でしたので、文面での御指定のようにはいかず、矢野さんに代読してもらいました。矢野さんは、短く自分の祝辞を述べた後(これも即興とは思えないほど簡潔で温かな言葉を頂きました)、あとは全文をそのまま読むことを示してから読まれました。 
 とても思いやりがこもった言葉で、ありがとうございました。とてもうれしかったです。 
  
 お礼が遅くなってすみませんでした。中津は来たことありましたか? 
 何もないところですが、今ではこののどかな気分がとても心地よく感じれます。 
 ではまた。 
  
----以上 
  
 そして、以下は、私が送った祝辞です。 
  
----花嫁になる君に---- 
  
 平野さん、結婚おめでとうございます。 
  
 君から来るメールの書き出しはたいてい「お久しぶりです」で、中身は、要約すると、「仕事の方は相変わらずで・・」と「結婚の予定もありません・・」の二つで占められていました。それが、「私もとうとう寿退職をすることになりました」というメールが今年初めに来たときには、正直言って驚きましたし、妙な感慨もありました。 
  
 あれは、たぶん平成7年か8年かだったと思います。 
 いつもは雁ノ巣グラウンドでする野球部の練習が都合で箱崎に場所を変えて行われたことがありました。もちろん、野球部とは、広瀬主将率いる旧太田昭和監査法人九州事務所野球部のことです。 
 いつもぶっつけ本番で連敗につぐ連敗で、たしか福岡銀行からのお情けの1勝が唯一の勝ち星だったと記憶しています。そこで一念発起した我が野球部は、苦境を打開すべく休日に練習をすることになり、箱崎に集合したのです。 
  
 女性職員はいつもは応援部隊でしたが、この日集まった練習熱心な野球部員の人数は9人に足りなかったし、守備なら大丈夫だろうという判断で、ピンクのシャツにブルージーンズの軽装で見に来ていた君に白羽の矢が当たりました。 
 グラブを渡された君は、笑顔を浮かべながら、小走りでセンターの守備位置につきました。 
  
 覚えておいででしょうか。 
  
 ノッカーは、森芳捕手だったように記憶しています。 
 彼は長崎の名門諫早高校の元野球部員。鋭い打球がセンターを襲います。 
  
 慣れない君は、きっと多くの打球を後ろにそらし、また、前に落としたんだと思います。思いますというのは、その部分の記憶がないからです。 
  
 私が覚えているのは、君が差し出したグラブにすっぽり入ったあの一球です。 
 拝むように出したグラブにちょうどタイミングよく球が飛び込んできた、というのが正解でしょう。その時にグラウンド全体に驚きのどよめき(←というとオーバー。どよめくほどの人数はいなかった・・)が走りました。 
  
 かなり長い前フリでしたが、私が言いたかったことはこういうことです。 
  
 がんばっているのに思うようにいかない。努力が足りないのだろうか。 
 もともと自分はダメなのかな。私には才能がないんだ。 
 君はときおりそんなことを言って落ち込んでいましたね。 
  
 違います。そうではありません。 
  
 無理して手に入れようと頑張るのではなく、自然に生きていて、ふつうに努力していて、結果的に手に入るものがきっとあるはず。そしてそれこそが自分に最もふさわしく大切にする価値のあるものなのです。 
  
 今日、君は結婚という白球をグラブにおさめました。 
 気が遠くなるほどの偶然と奇跡としか言いようのない出会い。 
  
 ありきたりの言い方になってしまいますが、旦那さんを大切にして小さな幸せがいっぱいある家庭を築いていってください。 
  
 そして欲を言えば、第二の福沢諭吉《注》2を再びこの地から産んでほしいと願ってやみません。お幸せに。 
  
 さわやかな空のもと 群馬県高崎市から
------------------------------------------------------------------------
《注》1 なうまんクラブとは、私が友人知人などを対象にして主宰しているメーリングリスト。 
《注》2 福沢諭吉は大分県中津市の出身。 
 
投稿日 2006/09/03 多少なりとも艶っぽいこと |  |コメント (0) | トラックバック (0) 

iPhoneから送信

久しぶりに「はらっぱ」

久しぶりに「はらっぱ」
確か、4月に羽二生さんと来ました。

もう12月ですから、8ヶ月ぶり。

早過ぎます。

2012/12/16

投票してきました。

投票してきました。
気温15度。風も強くない。

投票率は、上がりそうだ。

2012/12/15

テレビ「十万分の一の偶然」

テレビ「十万分の一の偶然」
滅多にテレビを見ないのですが、ついつい見てしまいました。

車載テレビを深谷カウボーイ家族の駐車場に停めて。

なかなか面白かったです。

高嶋は、ずいぶんと太りましたね。

田村正和も好演でした。

キャストもかなり充実していて映画並み。

原作が松本清張です。

素材が違うと言えば、まあ、それまでですが^_^

盾になった男

U2というバンドがある。

ボーカルのボノ、ギターのジ・エッジ、ベースのアダム、ドラムのラリー。

1980年にアイルランドから登場したこの4人組は卓越した演奏力はさることながら、ボノの書く、貧困、宗教、国家といった社会問題に切り込む歌詞が反響を呼び、瞬く間に世界的バンドとなった。

そんな中、1984年に「Pride (In the Name of Love)」という曲が発表される。

この曲はマーティン・ルーサー・キング牧師に捧げられた曲であり、彼の功績を讃えた曲だった。

それまでも様々な団体から圧力や脅迫を受けていたU2だったが、特に全米ツアーが決まった後は、KKKを始めとする人種差別主義団体から、大量の脅迫状が届いた。

その内容は、アメリカに入国したら射殺する、Prideを演奏した場合ボノを射殺する、といったものばかりだった。

ツアーの中止も検討されたが、メンバーたちは「路地裏の倉庫で練習してたときから、俺たちには失うものなんてなかった」そう言ってツアー実施を決めた。

アメリカに入ると、空港で待っていた地元の警察から、銃撃されるならL.A.だ、との警告を受ける。「ご丁寧に死の宣告をどうも」ボノは返した。

体制の象徴である警官に大勢で警護してもらうという皮肉も少し可笑しかった。

ツアーが始まり、U2は大小様々な嫌がらせを受けながらも、全米を回り続けた。そしてついにくだんのL.A.。

警備のチーフが駆けつけ、タレ込みによれば明日のライブがヤマだ、と告げた。

ライブ当日、出番を待つメンバーの元に、スタジアムの警備から不審者を確保したとの連絡が入る。銃を持ち込もうとした人間が複数、取り押さえられたとのこと。

スタジアム内にライフルが持ち込まれる可能性も指摘された。これにはメンバー、スタッフとも青ざめ、ライブ中止、せめてPrideをセットリストから外すことが提案された。

しかし、ボノはなんとしてもPrideを歌うと決めていた。

いよいよステージに上がり、熱狂的なパフォーマンスを繰り広げたU2。

問題のPrideを演奏し始める。メンバー4人にかつてない緊張が走る。

ボノは力の限り歌った。

♪一人の男が現れた、愛の名の元に一人の男が現れ、そして去った

一人の男が現れた、正すため一人の男が現れた、

覆すため愛の名の元に♪

ルーサー・キングを称える歌が始まった。

スタジアムには数万人の観客。

見晴らしは良く、自分はステージの中央に立っている。

撃つならこの曲の間だろう。殺そうと思えば簡単だ。

ボノは迫る死を意識し、今までにない恐怖を感じた。

その時、客の中で何人かの男が不審な動きをしたように見え、ボノは思わずしゃがみ込んだ。

いよいよ殺される、ボノは目をつぶったが、歌声だけは精一杯張り上げた。

そして曲も後半に差しかかり、ボノが恐る恐る顔を上げると、目の前に1人の男が背を向けて立っていた。

アダムだった。彼はベースを弾きながらボノの盾となって仁王立ちしていたのだ。

「あの夜、あそこで見たヤツの背中を、俺は一生忘れない」

2006年、3度目のノーベル平和賞候補に選ばれたボノは、そう語った。

気分を変えておしるこ

気分を変えておしるこ
糖分は、禁物ですが、朝のおしるこくらいは、昼間に消化されます。

土曜日なので早朝練習

土曜日なので早朝練習
なかなか思うようにいきません。

2012/12/14

久しぶりにGGC

久しぶりにGGC
高崎でも指折りのステーキ店。

美味しいです。

2012/12/12

あそうぎ、なゆた、ふかしぎ、むりょうたいすう

 長い人生、時にはそんなこともある、とブログのカテゴリーにある。

 ところで、人生は本当に長いのだろうか。

 年明けの誕生日に私は還暦を迎える。

 60年は、かなり、あっけない。あっという間だ。

 となると、70歳になろうと80歳になろうと文字通り「邯鄲の夢」なのかもしれない。

 ふと、こんなことを考えた。

 人として、生まれて死んでいった者の数は、どれくらいなのだろうか、と。

 当たり前だが、 いま地球上に生きている人以前には、気が遠くなる数の先祖がいる。

 だから、私たちが同時代に生まれ、今こうして生きている事は、そういう意味では、全くもって奇跡なのだ。

 そんなことを知ってか知らずか、人は、憎みあい、いがみあい、そして殺しあう。

 やむにやまれぬ理由があるのだろうが、ほっといたっていつかは死を迎える。

 あわてることはない。そんときはそんとき。

 無量大数は、黄河の砂粒の数だという。

 それがどれくらいの数だかは、見当がつかない。

 人として生まれて死んでいった者の数は、もしかしたら、無量大数よりももっと多いかもしれない。

 気ぜわしい年末にそんなことを考えた。

邯鄲の夢(かんたんのゆめ)
[沈既済、枕中記](官吏登用試験に落第した盧生という青年が、趙の邯鄲で、道士呂翁から栄華が意のままになるという不思議な枕を借りて寝たところ、次第に立身して富貴を極めたが、目覚めると、枕頭の黄粱こうりょうがまだ煮えないほど短い間の夢であったという故事)人生の栄枯盛衰のはかないことのたとえ。

2012/12/10

税理士会伊勢崎支部コンペ@玉村ゴルフ場

税理士会伊勢崎支部コンペ@玉村ゴルフ場
前半は、まずまずでしたが、後半、集中力を欠いてボロボロ。

なんだかなあ^o^

2012/12/08

風の強い一日

風の強い一日
低気圧の影響で強風の吹き荒れた日でした。

ヒートテックは、必需品です^_^

今日、12月8日は、忘れもしないジョンレノンの命日。

私が27歳の時。

会計士の勉強をしてました。

TAC(東京アカウンティングセンター)から帰って、7時のNHKのニュースをつけたら、トップで"ジョンレノンが、射殺されました"


ショックでしたね。

あれから32年。

忘れられないことは、いつまでたっても忘れないものです。

2012/12/07

と、肉

と、肉

さかな

さかな

第40回ロゼクラブ例会

第40回ロゼクラブ例会
いつものメンバーでいつものセレンディップ。

今日は、弁護士の島田先生が風邪のため休み。

一人分余ったので、もったいないとなぜか私のところに。

満腹^_^

2012/12/05

そして選挙ポスター

そして選挙ポスター
12月16日。衆議院議員選挙。

となりのトトロと猫バス

となりのトトロと猫バス
ちょっとわかりにくいかな。

ライトアップ

ライトアップ
町役場のライトアップも珍しい。

なぜか加須市北川辺総合支所

なぜか加須市北川辺総合支所
古河から帰るところ。

こんな時期になりました。

2012/12/04

野田総理大臣街頭演説@上野駅

野田総理大臣街頭演説@上野駅
途中でiPhoneの電池が切れてしまい正面からの写真が撮れませんでした^_^

結構、人は集まってましたが、反応は、イマイチ。

とりあえず見てみようと言う感じかな。

そんなわけで上島珈琲

そんなわけで上島珈琲
まだまだ、時間があります。

時の総理大臣の肉声を聞く機会もあまりないとおもうので、良いチャンス。

上野駅

上野駅
実は、6:30から野田総理の街頭演説が上野駅前であるとのことで、いま、喫茶店で、待機中。

秋葉原の風景

秋葉原の風景
すっかり冬模様。

水面が冷たそう。

2012/12/03

毎日食ってる野菜炒め

毎日食ってる野菜炒め

玉子とベーコンを入れて作ります。

今日は、気分をかえてウインナ。

事務員に味見してもらったら、美味しいとのこと。

最後に、水を適量いれて、スープ状にします。

昆布とカツオの出汁で味付けしてあるのでヘルシー。

しっかりフタをして蒸すので、野菜の芯がとれ柔らかくなります。

基本、薄味ですが、物足りないときは、味ぽんをかけます。

機会があれば、いちど、ご試食を。

2012/12/01

ふと気がつけば12月

ふと気がつけば12月
早いですね。

穏やかな土曜日。

入力隊の指導をしています。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »